~耽美~

關於部落格
大家好!! 
  • 3266

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

遊戲Bloody call 介紹

Bloody Call(ブラッディ・コール) (このタイトルの関連製品) ブランド:icingCandy(このブランドの作品一覧) 定価:未定 発売日:2009/秋予定 メディア:DVD-ROM ジャンル 恋愛AVG カテゴリ [一覧] アドベンチャー、乙女ゲー、バトル 原画 山下ナナオ キャラデザイン 山下ナナオ シナリオ 長野和泉 アーティスト BLACK VELVET 備考2 VRAM:32MB必須 DVD-ROMドライブ:2倍速必須 検索キー Bloody Call ブラッディ・コール 製品仕様/動作環境 対応OS:Win2000/XP/Vista 必須CPU/推奨:Pentium4 MHz 必要メモリ容量/推奨:512MB 解像度:800*600 色数:フルカラー 音源:PCM、DirectSound DirectX:8.1以上 ストーリー あなたの為に、私も強くなる――― 共存都市「グラズヘイム」 そこは「人間」と人間とは異なる「半綺(はんき)」と呼ばれる種族が共存している場所。 そこでは、平凡な日常生活の影に隠れて「人間」と「半綺」との静かな戦いが日々繰り広げられていた……。 主人公、双葉 (ふたば)(名前変更可能)はそんな土地で暮らすごくごく普通の女の子。 だが、双葉の実の父親はその土地で権力を持っている組織の1つ「フライコール」のトップだった。 そんな事実を一切知らず平凡な毎日を送っていた双葉。 ある日、いつものように学校から帰宅すると、家の中が荒らされていて、母親の姿が見当たらない。 呆然とする双葉をさらおうとする男達。 間一髪のところで突然現れた美形の双子、黎明(れいめい)と司狼(しろう)に助けられる。 助けてくれた双子の黎明と司狼は、双葉の父親に仕えるボディーガードだという。 二人は双葉の父親から、自分の亡き後「娘を守って欲しい」と遺言を受け、迎えに来たところだった。 そして黎明から「フライコール」のトップになって欲しいと頼まれる。 父親は自分の幼い頃に交通事故で亡くなってしまったと聞いていた双葉。 突然の出来事に現実を受け入れることが出来るはずもない。勿論「フライコール」のトップになることも辞退。 だが、自分と母親の襲撃事件の原因が「組織」同士の抗争によるものだと知り、母親を取り戻すまでは、父親のいた屋敷で暮らすことを決意するのだが… 果たして、連れ去られた母親を無事に救出できるのか? 連れ去った敵組織「NEDE(ネーデ)」の目的とは? そして、自分が狙われる本当の意味とは…… 世界観&用語説明 【世界観】 現日本と同じ様で違う「架空日本」 「人間」と人間でない種族「半綺(はんき)」が共存できる都市「グラズヘイム」が舞台。 【用語解説】 ●半綺(はんき) 人間とは異なる種族。 見た目は人間とあまり変わりないが、虹彩(こうさい)の形が縦長。 能力は人間よりも優れていて、容姿も美形が多い。また、半綺は武骸(ぶがい)でしか殺す事ができない。 (ナイフや銃でもダメージを与える事はできるが、傷はすぐに治ってしまう。) ●武骸(ぶがい) 半綺のみが彫ることのできる「武器の刺青(いれずみ)」のこと。 それぞれの武器がモチーフになっており、戦いの際は刺青が肉体から離れて具現化する。 半綺のみが持つ潜在能力の一つでもあるが、武骸を彫るまでは自分の所有する武器はわからない。 人間は武骸を彫ると体にかなりの負担がかかるため、精神的にも肉体的にも耐えられず、使用することができない。 武骸を彫り、身体に馴染むまでの3日間は使用してはならない決まりがある。 ●都市グラズヘイム 唯一人間と半綺が共存できる場所。大きな塀で囲われている。 その昔、堀の外は戦争であったり、人種差別、魔女狩りなどが行われていたため、人間と半綺が共存できる場所として試験的に作られた。 「共存都市を作る」と最初に発言したのは、都市の中で警察的役割をしている「秀真機関(ほつまきかん)」で、都市の条約には【この都市の住民は差別行為を禁止する】などがある。 作られた当初は、特殊な身分の者や “そこにいなければならない” 立場の者達が住んでいたが、「グラズヘイムは治安の面で安全で、命の保障がある」などの噂が広まり、外からの住民がどんどん増えていった。 現在は人間より半綺の比率が高く、治安の良い場所と悪い場所の差が激しい。 ●フライコール 都市グラズヘイムの中で大きな権力を持つ組織の1つ。 非道な行いをする「NEDE(ネーデ)」を潰そうとしている。 ●NEDE(ネーデ) 都市グラズヘイムの中で大きな権力を持つ組織の1つで、フライコールと対立している。 人間、半綺関係なく冷酷非道な人体実験を繰り返しており、半綺をパワーアップさせた「強化人間」の開発も行っているという噂も…。 ●秀真機関(ほつまきかん) 国の息がかかった警察的役割の組織。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態